勝海舟の身長は何センチだった?坂本龍馬など幕末の偉人と比べてどうだった?

勝海舟の身長は何センチだった?坂本龍馬など幕末の偉人と比べてどうだった?

スポンサーリンク

勝海舟は、初めて太平洋を横断してサンフランシスコへ派遣されたり、旧幕府の代表として新政府軍のリーダーだった西郷隆盛と相談して江戸城無血開城を決めたりした、歴史上の重要人物でです。

坂本龍馬や西郷隆盛と肩を並べ、幕末の激動の時代を生きた偉人の一人でもあります。

皆さんは約150年前の人々がどのくらいの体格だったか考えてことはあるでしょうか?

今回は、日本の歴史に大きな痕跡を残した勝海舟の身長を調べてみました。また、坂本龍馬や西郷隆盛など、同時代を生きた偉人たちの身長も合わせてみていきましょう。

勝海舟の身長は何センチ?

戊辰戦争において、新政府軍のリーダーである西郷隆盛と相談して江戸城を無血開城させた勝海舟。

大柄と言われている西郷隆盛と対等に話し合ったのですから、海舟自身も身長が高そうなイメージですが、実はそうでもなく、勝海舟の身長は、154cm程度だったと言われています。

勝海舟はどんな人?

勝海舟(1823年(文政6年)~1899年(明治32年)は、江戸本所(墨田区)の旗本の家に生まれました。

決して裕福な家庭ではなく、幼少期は剣術の稽古に励んでいたそうです。

1853年(嘉永6年)にペリーが来航した際、「海防意見書」という国を守るための意見書を幕府に提出したところ、幕府から評価され役人に取り立てられました。

この意見書には、日本は開国して貿易を行い、富を増やすべきであること、その富で軍備を増強スべきであることが書かれています。

その後、1860年(万延元年)には、咸臨丸の艦長としてサンフランシスコに派遣されます。

帰国後は、軍艦操練所頭取として海軍で働いたり、私塾を作ったりと活躍しました。

この塾には坂本龍馬も門下生として参加しており、坂本龍馬は海舟のことを「日本第一の人物」と家族に手紙で伝えています。

1868年(慶応4年)徳川慶喜が大政奉還を行うと、その翌年に戊辰戦争が勃発。

勝海舟は旧幕府軍の代表として新政府軍のリーダーだった西郷隆盛と相談して江戸城無血開城を決めました。

その後の明治政府でも、元老院議官や枢密顧問官を歴任しています。

勝海舟は江戸時代の平均身長だった?

海舟の身長は約154m程度だったようです。

体重の記録はありませんが、残された写真を確認すると小柄~中肉中背ですので、現代の身長154㎝の人の平均体重(約53kg)程度だったと思われます。

その活躍ぶりや存在感から大柄な人物を想像してしまいそうですが、意外にも江戸時代の平均的な身長だったようです。

江戸時代の平均身長は何センチ?

江戸時代より昔、古墳時代の男性平均身長は約163cm、女性平均身長は約152cmだったと言われています。

時を経て、江戸時代ではさらに平均身長が高くなっていそうですが、江戸時代の成人男性の平均身長はおおよそ155~158cmだそうです。

現代の成人男性の平均が約171cmであることを考えると、10cm以上も身長が低いことになります。

江戸時代は四つ足の動物を食べなかったため、獣肉を食べる機会が少なく動物性たんぱく質が欠乏していました。

そのため、骨が成長できず、身長が低かったと推測されています。

坂本龍馬や、他の幕末の偉人の身長はどうだった?

勝海舟以外の、幕末に活躍した偉人たちの身長をみていきましょう。

  • 坂本龍馬:1836年(天保6年)~1867年( 慶応3年)
    身長約173cm、体重約80kg
  • 西郷隆盛:1828年(文政10年)~1877年(明治10年)
    身長約182cm、約110kg
  • 大久保利通:1830年(文政13年)~1878年( 明治11年)
    身長約178cm、体重65~70kg
  • 伊藤博文:1841年(天保12年)~1909年(明治42年)
    身長約154cm / 体重の記録なし
  • 徳川慶喜:1837年(天保8年)~1913年(大正2年)
    身長約157cm / 体重の記録なし
  • 木戸孝允:1833年(天保4年)~1877年(明治10年)
    身長は約174cm

坂本龍馬や西郷隆盛、大久保利通など幕末に活躍した偉人たちは、平均よりも身長が高いです。

当時の人からすると、結構な威圧感があったかもしれませんね。

まとめ:勝海舟の身長は江戸時代の平均身長とほぼ同じ。幕末の偉人たちの中では小さい方だった。

勝海舟は激動の幕末において、日本の歴史上重要な役割を担っていた偉人の一人です。

西郷隆盛や坂本龍馬を筆頭に、歴史に名を遺した偉人というと体格に恵まれていたというイメージがあるかもしれませんが、勝海舟の身長は当時の平均だったようです。
今回の記事をまとめると

  • 勝海舟の身長は154m、江戸時代の平均的身長だった
  • 西郷隆盛や坂本龍馬、大久保利通などは170cm台の高身長だった
  • 江戸時代の人は、四つ足の動物を食べなかったため、平均身長は現在よりも10cm以上低かった

江戸時代の平均身長から考えると現代人はかなり背が高くなっています。現代に勝海舟が現れたら、とても小さく感じるでしょうね。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください