織田信長と明智光秀。信長と光秀の出会いから本能寺の変までの二人の関係まとめ

織田信長と明智光秀-その出会いと本能寺の変まで-

Google AdSense

織田信長の天下統一を阻止した?明智光秀。大河ドラマ「麒麟が来る」の主人公でもあり、織田信長の優秀な家臣であり、本能寺の変で信長に引導を渡したことで有名です。今回は、信長と光秀の出会い、信長と光秀の関係性、光秀が残した功績、なぜ光秀は本能寺の変をおこしたのかをまとめてみました。

信長と光秀の出会いは?

幼少期から優秀で、若くして家督を継ぎ勢いのあった織田信長は、一体どこで明智光秀と出会ったのでしょうか?ここでは信長と光秀の出会いについてみていきます。

信長に会う前の光秀は何してた?

明智光秀の出生から信長に会う直前までの詳細は、あまり明確にはわかっていません。明智光秀は 不明な点が多い人物 なんです。
光秀は、清和源氏の土岐氏支流である、明智氏に生まれたと言われています。父の名前も伝わらない、低い身分だったと推測されています。

光秀は、当時美濃の国主となった斎藤道三さいとう どうさんに仕えていましたが、斎藤道三が息子の義龍よしたつから攻められ、敗北してしまい、一族を離散させられてしまいます。
その後、越前国の朝倉義景あさくら よしかげを頼り、10年以上仕えたと言われてます。
この時、兄の足利義輝あしかが よしてるを殺害された足利義昭あしかが よしあき(のちの将軍となる)も朝倉氏を頼って訪ねてきました。その際に、足利義昭と出会い、のちに 光秀の仲介により織田信長と足利義昭が出会う ことになります。
ちなみに、足利義昭ですが初めは信長を頼るなんて思ってもいなかったようです。もともと、朝倉家に一緒に上洛じょうらくしてほしいと頼みに行ったのですが、朝倉家が渋ったため当時勢いのよかった信長を頼るようになったと言われています。

信長にとって光秀は大事な家臣だった?

足利義昭を仲介したという縁から、信長に仕えることになった光秀。当時信長には「羽柴秀吉はしば ひでよし(のちの豊臣秀吉)」や「柴田勝家しばた かついえ」など優秀な家臣がたくさんいましたが、その中においても遜色ないほど、むしろ目立つほど光秀は水を得た魚のようにその能力を存分に発揮し活躍していきます。

信長は光秀を信頼していた?

信長は、当時の武将としては珍しく大きな功績を残した者には、相応の恩賞を与えていました。つまり信頼できる者・功績を残した者には、それなりの恩賞とポストを与え、さらなる活躍を促すといういわば実力主義です。そんな実力主義の社会で、光秀はしっかりと功績を残し、信長の家臣としては初めての城持ち大名となります。そして京都の守りの要である丹波国を与えられるなど、秀吉など他の家臣と比較しても猛烈なスピードで出世しています。

光秀の主な活動

光秀の主な活動

・足利義昭を織田信長に仲介
・姉川の戦い(朝倉・浅井連合軍)に参戦
・比叡山焼き討ちに参戦
・信長の近畿地方での支配体制を確立
・坂本城の城主となる(信長から恩賞として与えられた)
・信長の丹波国の支配体制を確立
・丹波国を治める(信長から恩賞として与えられた)
・京都の行政を担う「両代官」として、寺社の領地管理などを行う

光秀は現代で言う所の中途採用です。にも関わらずこれだけの功績を納め、恩賞を受けていました。それだけ、 信長からの信頼も厚く優秀だった ということが見て取れます。

信長は光秀をいじめていた?

信長は、光秀のことを信頼しそれなりに褒美も与えていました。光秀もその恩を返すかのように働き、様々な功績を残していきました。
そんな光秀を信長はいじめていたのでしょうか?

まずは、信長がつけた光秀のあだ名。なんと「金柑頭きんかんあたま」です。そうあの金柑です。光秀の頭の形が金柑に似ていたからだといわれています。光秀は、このあだ名が気に入ってはいなかったようで、呼ばれる度にストレスを溜め込んでいたのではないでしょうか?

次に、信長による光秀暴行説。色々なエピソードがありますが、もっとも有名なのは家康をもてなすように言われた際の出来事です。
1582年 武田軍との戦いに貢献した家康を安土でもてなすよう、言われた光秀は京都から食材を取り寄せたり、寺社から豪華な調度品を用意したりと、様々な工夫を凝らして家康をもてなそうとしていました。この時の接待が信長を怒らせてしまったと言います。


光秀の口答え説
信長と接待の打ち合わせをしていた際、意見が食い違い信長に意見した光秀。その物言い?内容が信長の逆鱗にふれ、信長は光秀を足蹴にした。

魚が腐っていた説
光秀は、様々な食材を取り寄せ豪華な料理を準備していたといいます。その中の魚が腐っていたのか異臭を放っていたため、信長は激怒。光秀も激怒したのか、用意していた食材などを全て堀の外に捨ててしまった。

光秀の手際が悪すぎた説
接待を準備する光秀の段取りが悪すぎて、それを見た信長が激怒した。 この接待するという重役から降ろされた光秀は、すぐに坂本城に戻り戦さへと向かっています。信長からすると「信頼していたのに、期待を裏切りおって」という怒りもあったでしょう。逆に、光秀は「最高の準備をしたはずなのになぜ?」と互い溝は深まったのではないでしょうか? 中には、この接待のエピソードがきっかけで本能寺の変へのモチベーションが高まったなんて話もありますが、今となっては真相は不明です。

中には、この接待のエピソードがきっかけで本能寺の変へのモチベーションが高まったなんて話もありますが、今となっては真相は不明です。

なぜ光秀は本能寺の変をおこしたのか?

本能寺の変
本能寺の変(wikipediaより)

信長から多大な信頼をえて、信長に尽くしていた光秀はなぜ本能寺の変で謀反をおこしたのでしょうか?本能寺の変は戦国時代最大級のミステリーですよね。光秀が本能寺の変を起こすに至った理由に迫っていきましょう。

光秀は信長を恨んでいたの?

まずは、信長に対しての怨恨説。
常日頃から「金柑頭」と呼ばれ、時には足蹴にされた恨みが積もりに積もって謀反を起こした説です。
光秀は、あだ名も他のエピソードも信長からパワハラを受けています。しかし、あだ名で言えば豊臣秀吉の「はげねずみ」もなかなかのものです。キレっぽかったと言われている信長は、特に光秀だけをターゲットにしていたわけではないと言われています。
逆に、光秀は信長の家臣では初となる城持ち大名となったり、丹波国を与えられたりとそれなりの恩賞を受けていたので、信長に対しては感謝の方が強かったのではないでしょうか?

光秀は陰謀に巻き込まれたの?

本能寺の変には、様々な陰謀説もあります。陰謀説が正しいとするなら、明智光秀は陰謀に協力していたのか?陰謀説に巻き込まれたのか?陰謀の中心は一体誰だったのでしょうか?

足利義昭(室町幕府)による陰謀説

信長によって将軍となった足利義昭ですが、「十七ヶ条のご意見書」からも見て取れるように信長と義昭の関係は泥沼状態です。義昭からすると、「将軍なのに全く自分の思い通りにできない」「信長は将軍に対して意見(文句)してくるなんて生意気なやつだ」なんて思っていたことでしょう。つまり、義昭にとって恩人だったはずの信長はいつの間にか目の敵になっていたんですね。そんな義昭にそそのかされて?義昭に協力して?光秀が本能寺の変をおこしたという説です。義昭は、もともと光秀の仲介で信長と出会っていますから、その後もずっと義昭と光秀が繋がっていたとすれば。。。

朝廷による陰謀説

信長は、父信秀の代から朝廷と良好な関係を築いていましたが、その信長が天皇を譲位するように意見したという話が残っています。
信長は、財政が緊迫していた朝廷に対して経済を含め様々な支援をしていたといいます。しかし、信長は朝廷や幕府による政治より、強いものが天下を治めるべきという思想を持っていたと言われているため、当時の正親町天皇おおぎまちてんのうが信長を恐れ、光秀に依頼して本能寺の変がおこったという説。

イエズス会による陰謀説

飛ぶ鳥を落とす勢いだった信長は、自らを神として崇めるようにといった思想もあったようです。キリスト教を保護しイエズス会とも良好な関係を築いていた信長ですが、圧倒的な勢いと強さで天下統一に向けて走っていく信長に、イエズス会が恐怖を覚え、光秀に依頼したという説。
ちょっと無理があるような気がしますが、、、どうなんでしょうね。

歴史なので諸説あり、今となっては真相はわかりませんが、どの話も江戸時代に創作された話という説もあります。しかし、調べれば調べるほど謎が深まる「本能寺の変」まさに戦国最大の謎ですね。

まとめ

今回は、織田信長と明智光秀の出会いから本能寺の変までの二人の関係をまとめました。

  • 明智光秀は謎に包まれた不明な部分が多い人物
  • 光秀は非常に優秀で、信長も信頼していた
  • 本能寺の変の原因は諸説あるが、やっぱり真相は謎のまま

こうしてみると、光秀と信長の関係は良好だったように思いますが実際はどうだったんでしょうね。

GoogleAdSense

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください